ETCカードの注意点

高速道路料金所のETCレーンで、停車することなく通れるはずなのに、なぜか立ち往生している車をたまに見かけます。

こうなってしまう大抵の理由はETCカードの未挿入、挿入ミスなどが原因で料金所のアンテナと上手く交信ができず、バーが上がらないためだと言われています。

ETCカードはクレジットカードと同じ役割を果たすため、車載機に差し込みっぱなしにしておくのは防犯上危険であると言われているので、車から離れる時はETCカードを取り出すよう気をつけている方も多いと思いますが、これは確かにとても大事なことなのですが、再び車を運転する際に挿入し忘れてしまう事が大変多いのです。

ETCカードの出し入れは車を運転する際の習慣として身につけておくと失念するケースが減るでしょう。

そして、前述のとおりETCカードはクレジットカード同機能を果たすため、カード作成の際にはクレジットカード会社による審査が必要となり、ETC専用カードを欲していても親カードとしてクレジットカードも作成しなければならないことがほとんどです。

使わないクレジットカードとは注意を怠りがちですので、ETCカードだけではなく一緒に作ったクレジットカードにも注意を払うようにしましょう。

なおどうしてもクレジットカードは作りたくないという方には、高速道路会社が発行しているデポジット制のカードもありますので検討するといいでしょう。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.